麻酔について ボトックスの疑問

ボトックス注射は表情しわの解消、ふくらはぎやエラの発達した筋肉の活動を鈍らせて細くするのに役立ったり、わきや手のひらからの発汗を抑えるなどいろんな使い方ができますが、普段注射を刺すことがない部位に使用することがほとんどであるため、激痛を感じるのではないかと疑問を持つ人もいるでしょう。

麻酔

痛みのリスクを軽減させるため、クリニックでは一般的に極細の針を用います。まったく刺された痛みが感じないわけではありませんが、それほど強く感じることがなくなります。少しの痛みでも苦痛を感じるのであれば、麻酔を利用した対応を行ってもらうことが可能です。局所麻酔で、針を刺す部分にのみクリーム状のものなどを使います。が効いてくるまで針を刺すことができないので、施術時間が少し長引くことを覚えておきましょう。

わき汗などを抑えるために注射するときには、クリニックによってボトックスに麻酔を混ぜて使用するところがあります。初めは痛みを少し感じますが、徐々に効いてきて痛みを感じなくなります。

クリニックにより痛みを緩和させるための対応は違いがあるので、カウンセリング時などに確認して、より安心してボトックス注射を受けることができるように、施術を受けましょう。