部位について ボトックスの疑問

近年、プチ整形のブームにより様々な施術が世に出ていますが、その中でも特にお手軽で流行しているのが「ボトックス」です。ただ、名前は知っていてもボトックスとはそもそも何なのかなど、疑問に思われている方も多いと思います。ボトックスとはボツリヌス菌から抽出されるタンパク質の一種で、「アセチルコリン」という神経伝達物の働きを弱めことができます。簡単にいうと、脳から神経を通して送られる「筋肉を動かせ!」という命令が弱められ、筋肉をリラックスした状態にしてくれるのです。

その為、しわが気になるところに注射するとしわができる要因である筋肉の動きが弱まり、しわが出来にくくなり、ほうれい線やまぶたのたるみなどに関しても同様の効果が得られます。顔の大きさに大きく関わるエラの筋肉に注射すると、エラの筋肉が弱まるのでその部分の筋肉が小さくなり顔が小さくなるのです。

また、多汗症にも効果がある為、脇に注射すればわきがの改善にも役立ちます。ただし、ボトックスは外科手術と違い即効性のあるものではないので、効果が出て安定するまでは二週間ほどかかりますし、効果も部位によりますが3~6ヶ月ほどなので、継続して効果を得たい場合は注意しなければいけません。ただ、外科手術だとダウンタイムがあるので、実際のところ「安定するまでの期間」という意味では外科手術とあまり変わらないかもしれませんね。永続的な効果は得られないものの、お手軽に比較的安価で施術を受けることができる為、人気なのも納得ですね。

部位