施術について ボトックスの疑問

ボトックス注射とは「ボツリヌストキシン」というたんぱく質の一種が使われていて、注入した部位の局所的に筋肉や神経の働きを弱める働きがあります。筋肉などの動きを抑えることで、表情じわなどを目立たなくすることや顔のラインの引き締め、ふくらはぎなどの脚やせ効果なども期待ができる方法です。

ボトックス注射の施術をする前にカウンセリングや診察を受けます。カウンセリングではどういう目的で治療を行いたいのかを医師に伝え、どのような内容なのかどのような流れで行うのかなどの説明を聞いたり確認をすることができます。施術を受けることに不安や疑問がありなかなか決心や判断がつかない場合でも、カウンセリングだけを受けることもできるので、自分が納得のいくまで不安や疑問が無くなるまで医師に相談をすることができます。

ボトックス注射をするにあたっての大まかな内容や流れは、注射する部位はしっかりと消毒をして、局部麻酔用のテープやクリームを30分ぐらい外用した後に、人によっては注射をする際に感じ方は違いますが、それほど痛みを伴わないとても細い注射針を使いボトックスを部位にゆっくりと注入していきます。

施術自体の時間は20分から30分ぐらいで、気になる注射の後は目立ちません。顔の部位にボトックス注射をしても、すぐにメイクをして帰宅することができます。

施術