処置について ボトックスの疑問

処置

美容外科で手術を受けたことがない人でも気軽に受けられる施術の一つに、ボトックス注射があります。ボトックス注射とは、ボツリヌストキシンというボツリヌス菌が産生する複合体毒素を体内に注射することで、美容効果を得るものです。得られる効果としては、顔のしわを軽減したり、エラの張りを改善する、多汗の症状を抑えるなどが挙げられます。従来それらの治療は顔の骨格を削ったり、メスで皮膚を切開するなどの大掛かりなものが中心だったので、ボトックスによる処置の出現で非常に気軽に治療を行えるようになったと言えます。

その効果が自分に合わなかった場合でも、元々効果が続くのは一定期間なので、そこまで気負いせずに施術を受けられるのもメリットといえます。とはいえ、体内に毒素を注入することについて安全性を疑問に思う人は少なくないでしょう。大手の美容外科では、日本国内はもちろん世界各国で認可を受けている安全性の高いボツリヌストキシン製材を使用しており、現在のところ後遺症等の事例は起こっていません。

また、ボトックス施術を受ける際に医師から必ず注意事項の説明があります。指示にきちんと従い、禁止事項を守る限り、身体に危険が及ぶ心配をする必要はないと言えるでしょう。