解消について ボトックスの疑問

解消

ボトックスとはボツリヌス菌から産生される毒素を精製してお薬として使用できる状態にしたものです。神経と筋肉をつなぐ部分に作用して、筋肉を麻痺させることでその効果を発揮していきます。毒素や麻痺と聞くと本当にそんなお薬を中佐して大丈夫なのだろうかという疑問を持たれる方も多いでしょう。しかし、ボトックスは決して危険なお薬ではありません。

実際に、脳梗塞などの後遺症で痙縮といって筋肉に力が常に入ってしまい、姿勢の問題などがある患者さんに利用され、その効果は非常に高いものとなっています。つまり、正しい使い方をすれば心配はいらないのです。現在では様々な病気や悩みの治療法の選択としてその利用方法が広がっています。ボトックス治療の心配や不安がある場合には、まずは医療機関などに受診してみて、疑問や不安を聞いてみましょう。

丁寧に説明してくれる医療機関であれば、必ず不安は解消してくれるはずです。投与量は非常に少ない量で、人体に悪影響を及ぼすような量ではありませんし、仮に効きすぎたと感じてしまうような状態になっても、ボトックス注射の効果を抑制するようなお薬も出てきているので、回復を早めることも可能となってきています。心配や不安は早く解消して後悔のない治療を行いましょう。

治療について ボトックスの疑問

治療

アンチエイジングの治療として有名なボトックスですが、具体的にどんな施術を行うのかや効果や副作用はどんなものなのかと疑問に思う方も多いと思います。一般的にボトックスと言えば肌にハリを与えるいわゆるプチ整形として認識されていますが美容目的以外にも花粉症や多汗症の治療にも使われています。なぜ多汗症などにも効果的かというと、ボトックスにはボツリヌス菌が使用されています。

このボツリヌス毒素によって汗を分泌するエクリン汗腺の働きを抑えることができるのです。また、美容目的としては小顔効果にも有効です。エラが張っていて顔が大きく見えるという悩みをお持ちの方も多いと思いますが、エラが張る原因はエラの部分の筋肉が発達しすぎていることが原因のことがあります。その筋肉の動きを柔らかくすることで小顔効果が期待できるのです。

施術方法としては、薬を皮膚の真皮よりももっと深くにある筋肉に直接注射して筋肉をほぐしていきます。更に小顔効果だけでなく、あまり知られていませんが美脚効果にも有効です。脚をすっきり痩せさせるためには運動というイメージがありますが、運動をしすぎると脚の筋肉が鍛えられ返って脚が太くなることがあります。ボトックス注射には、筋肉の働きを抑制する作用もありますので脚の筋肉を過剰に発達させることなく美脚効果が期待できるのです。